経理が上を目指せる経営

経理の仕事

自分がシステムエンジニアの仕事から
経理の仕事へと
全く違う職種へと転職したのは
簿記の面白さと数字を扱う楽しさが魅力だったからです。

8年間ほど、外資系企業と日本の上場企業で
原価計算、月次決算、予実管理から
決算、有価証券報告書の作成まで
一通りの経理業務を経験しました。

そうなると欲が出てきます。
もう少し、経営の役に立ちたいと。

その当時、
会計システムに経営分析機能はなく
分析ツールもなかったので
エクセルやアクセスを駆使して
様々な経営分析資料作りました。

でも、結局その会社では
それ以上役に立って欲しいという要望はなく
老後2000万円不足問題ではないですが
余計な資料を作るなと、、、

経理を経営に生かす

経路の仕事を続けてると
数字の先が見えてきます。

最初は数字の羅列でしたが
数字の持つ意味、会社の状況などが
しだいに浮き上がって見えてきます。

現在、会計システムまわりやERPのレベルは向上し
従来型の経理業務のボリュームは減少しています。

その先の直接的に経営に役立つ経理業務を
担う従業員を育成するべきです。

そして、新しい経理が作成した情報を
積極的に経営に活用して
従業員の成長と企業の成長の
好循環を生み出します。