企業に経理部門は必要ありません


従業員に向けたサービスをするための
人事・総務要員は必要かもしれませんが
経理部門は必要なくなると考えています。

ちなみに、
私は、外資系企業と日本の上場企業で
トータル8年ほど経理部門に所属していました。
その後も、20年以上、経理まわりなどについて
コンサルティングの仕事をしてきました。

その結果、たどり着いたのが
企業に経理部門は不要という考え方。

経理の仕訳情報というのは
事業の結果を表すものです。

予実分析、決算発表、納税には必要ですが
より優先して扱うべき情報はたくさんあります。

顧客情報や営業情報は管理されていないのに
経理システムだけは運営している。
ありえないですね。
経営にとって重要な情報は
終わってしまった結果を表す経理情報よりも
未来に向けて業績に影響を及ぼす
顧客や営業情報の方が優先順位が高いはずです。

終わってしまったことに対して
人材や手間をかけるのは避けたいですね。

もし、業務システムを導入するのであれば
営業管理、販売管理などが会計システムに連携している
ERPをおすすめします。

ERPであれば、経理仕訳の手間は最小限で済みます。
業務システムが会計システム中心の時代は終わります。

経営管理上、優先すべき情報を中心にした
システムや業務フロー、そして、組織を作るべきです。