住宅業界の今、そして、未来はあるか

家は、人々が暮らしを営む器です。

暮らしは年とともに変化します。
暮らしの変化とともに器である家も変化するのがベスト。

でも、35年ローンで買った家。
簡単に変化させることはできません。

ローン返済が大変な上に
リフォームとか無理ですね。

変化にあった住宅に移るため
手放そうとすれば、
住宅ローンの残高を返済できないほどの安さに。

結局住み続けるしかありません。

ハウスメーカーや工務店は
家を建てる時に最善の提案はしてくれますが
10年後、20年後を見据えた提案はできません。

先のことは、施主本人もわからないですしね。
仕方のないことではあります。

現在、空き家率は10%を超え、増え続けています。
人口が減少する将来、
空き家率は、20%、そして30%になると言われています。

キャッシュで一括払いが可能な富裕層でもない限り
新しく家を建てる時代は終わりに近づいています。

では、リフォームだ!と考えるのは一般的ですが
リフォーム業界も、大きくは成長していません。
人口は減少し、若い世帯の経済的な余裕はなく
このままでは、これからの成長も大きくは期待できないでしょう。

終身雇用が現実的でなくなっている今
35年ローンは全く現実味がありません。
住む人、住む家族の暮らしを考え、
経済面も考慮した
全く新しい住宅の提供方法。

大きな変革ができなければ
住宅市場は淘汰が進み、縮小することは避けられないでしょう。