時給1500円時代への経営改革


正社員、終身雇用が難しいとしても
最低限、時給1500円での雇用で成り立つ
ビジネスを作り上げます。

パートタイムで
フリーランスも含めて
優秀な人材を集めることが可能になります。

集まった人材が業務内容を押し上げ
事業に好影響をもたらします。

経営者は、経営マネジメントに専念できるようになり
さらに好循環が始まります。

人件費を抑えて、コスト削減を考えるのではなく
人材を適正な賃金で雇い
活躍してもらうのが事業の活性化に有効。

人件費のコスト削減の要素ではなく
人材投資だと、頭の切り替えをするべきです。