経営マネジメントはミッションがベース


企業経営の基礎は、ミッションです。
経営マネジメントは、ミッションがあってこそ成り立ちます。
何を目的として、何のために事業を行なっているのか?
マネジメントは、目的達成のために行うもの。

つまり、
ミッション達成のために行うのが
経営マネジメントです。

【経営マネジメントシステムの構築】

1.ミッションの確認
経営マネジメントシステムの構築は、ミッションの確認から始まります。
中途半端なミッションは、経営の舵取りを誤らせる原因に。
・本当に望んでいることか?
  そのように思わされている場合があります。
・目先のことに囚われていないか?
  長期的かつ高い視点で理念を設定します。

今一度、原点に立ち返って、ミッションを見直すことは大切なことです。

2.ミッションの基づいたビジネスプランの作成
ミッション到達への道は、長く険しく、曲がりくねっています。
いきなりミッションにたどり着けるビジネスプランはありません。
しかし、ミッションを達成した後の世界をイメージできれば
そこへ通じる道は見えてくるものです。

3.ビジネスプラン遂行のための経営マネジメント体制の構築
経営マネジメントは、社長一人ではできません。
社長の想い、ミッションを共有して、マネジメントとする体制
そして、経営マネジメントをサポートするシステムの構築が必要です。