WEBサイトの問題点(1)伝わらない

作ったWEBサイト
興味をもった個人や企業が
訪れ顧客になってくれる

そんなことを期待するのでしょうね。

でも、興味を持ってくれそうな顧客候補に
情報が届いていません。

それは、SEOの問題ではなく
伝わるコンテンツがないからです。

情報を届けたい個人や企業の担当者のことを考えていません。
言いたいことを自分たちの言葉で掲載しているだけ。
そんな企業サイトがたくさんあります。

必要最低限、言いたいことだけ掲載。
訪問者は、一瞬見て、理解せずに去っていきます。

自分たちが提供する商品やサービスは
どういったものなのか?
それで、どのような要望を満たせるのか?
課題を解決できるのか?

全てを読み込んでも
よく分かりません。

理念的なものや
何を目指すとか高尚なこと、
いかに社会貢献しているかなど
そして、専門用語がたくさん。

その点、怪しいサイトの方が
分かりやすくストレートに情報を掲載しています。